バンコク不動産投資の基礎知識

バンコクの不動産市況は昭和30年前後の日本と良く似ています。

当時の日本は、公団分譲マンションが初めて発売され、人々は列をなして購入しました。
日本人の富の象徴は、「家電」から「家の購入」へと変化しはじめたのもこの時期です。

そんなバンコクの不動産に投資する前に、押さえておくべき基本的な知識をまとめます。

 

当サイトが運営する非公開Facebookグループでは、将来大きく変化する立地を日々探し、1000万円前後から始められる物件を、皆様に紹介していきます。
それらを自らの目で確認するため是非一度バンコク不動産視察においでください。

不動産開発の基本である「沿線開発」② 

基礎知識

  直近の東京沿線開発で何がもたらされたか? 最近の東京での沿線開発と言えば つくばエクスプレス(TEX)と日暮里舎人ライナーと言えるであろう。 今もその始発駅日暮里のカフェでこの記事を書いている。 とうとう今日で日本も・・・

不動産開発の基本である「沿線開発」

基礎知識

昭和30年前後、日本初めての公団分譲マンションが発売され、 人々は列をなして購入しました。 この時日本人の富の象徴は、家電から家の購入へと変化していきました. ※すべての写真はバンコクでのコンドミニアム発表会の際に行列。・・・

ページの先頭へ