お酒が解禁となったせいで、昼飲み、外食が増えている。

イコール痩せない。

コロナは僕に昼飲みを植え付けた。

ただでさえ酒好きなのに。

 

とはいえ、営業を辞めてしまった店も多々あるため、

飲食店のレパートリーは、あまり増えていない。

 

そんな中、ずっと行かなかったラーメン屋があり、

シーロムにある『北海道ラーメンがんてつ』

理由は、あまり行かないシーロムなので、行くと別の店がプライオリティとなってしまう。

 

それと、どうもバンコク味噌ラーメンクォリティ高しと感じなく、もっぱら味噌はトンローの『のじやゆうし』に行っていた。

 

先日無性に味噌ラーメンが食べたくなり、レパートリーを増やすべく、

いつかは行こうと思っていたがんてつに行ってみました。

 

見ると10周年の文字。

ほぼ僕のバンコクキャリアと同じ。

10年前にあった記憶が無い。

 

味噌バターコーンを頼もうと思ったが、

何故か味噌チャーシューを注文。

ついでに麦ジュースも。

 

タイあるあるの薬漬けのもやしではなく、ちゃんとしたのが入ってる。

美味いではないですか。

白みそ豚骨ベースでかなり豚骨が効いている。

完全に好みの味。

10年返して欲しいと言うほど。

あくまで、好みの問題です。

 

人間の味覚形成は3歳でほぼ終わり、6歳までに完結するということであるが、

たしかに今でもその時食べたラーメンは、今でも1番美味しいと思っている。

葛飾区白鳥日本そば『のんき』(多分閉店)

ここの和風出汁ラーメン。

葛飾区亀有『山久』の味噌ラーメン(盛業中)

 

20代に初めて食べたが、

東中野『生駒軒』のチャーシューメン(盛業中)

 

濃口醤油味に、チャーシューの煮汁を感じ、千葉県竹岡式に共通するかもしれない。

そのチャーシューがゴロゴロ入ったチャーハンも絶品。

色々なラーメンを食べてきたが、美味しいと思う感覚は昔に戻ったようだ。

日本に帰りたいですタイ。

 

翌週というか一昨日も再びがんてつへ

食べ忘れた味噌バターコーンを食べに、

しかし頼んだのは全部入り、プラス麦ジュースも。

 

あれっ、バターが入ってない。

既に溶けてしまったのだろうか。

また宿題ができた。

 

自家製麺は北海道ラーメンらしく西山製麺の黄色に近い。

自家製チャーシューも美味しかった。

何より素晴らしいのはタイ人店員の接客、微笑みのない接客がほとんどだが、全員人懐っこい感じの微笑みだらけ。素晴らしいです。

 

日本人店主らしき方も、気持ち良い心地よい接客でした。

ごちそうさまでした。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ