サッポロ一番みそラーメンに、茹で豚をチャーシュー替わりに入れてみたが、上手くは行かなかった。

味がバラバラ。喜多方ラーメンのように豚だらけ。

 

出来上がりは美味しそうだったのだけど。

この皮付き豚、タイではポピュラーなのだけど、確実に太る。コラーゲンはたっぷりだろうけど、おっさんがコラーゲン気にしてもなぁ。

でも肌は綺麗と言われる僕です。

 

本日からタイは4連休の日本的シルバーウィークに突入。

僕はといえば、行きつけのカフェでコーヒー飲みながら、

溜まっている仕事のお片付け。

特に出かける予定もなく、猫とお遊び、知人との飲みで、

終わりそうだ。あ~旅したい。

 

そろそろタイ不動産が復活の時期かと思い、僕もブログを復活させたわけですが、その理由を書く前にチャイナ組が動き出しそうな予感の記事が出た。

 

多分今後もタイ不動産は、こうなっていくと思います。

 

ここで出てくる、閲覧サイトのDDプロパティというのは、日本的suumoのような人気サイトであるが、

掃除されてないのが、タイの一般的なので、本当にある物件までたどり着くことが難儀である。

タイ人は直接、物件に出向いて調べることが多いので、

相場チェック的要素かもしれない。

中国利回り2%

記事によると僕は知らなかったが、中国の利回りは2%台。

表面か実質かはわかりませんが、如何に高騰したか手に取るようにわかる数値ですね。

 

何度も当ブログにて言い続けてきたが、タイの高額物件や上昇を続けている物件は買いではない。

何故なら必ず下落するから。

その時が来ているのですが、バブル崩壊ではなく

コロナ禍ということである。

 

その理由と根拠はこの後に書くレポートにて詳細しますが、中国人的には余っているお金を、どう使うかが理由で、今後の成長地等の解析をした上でタイではなく、単純に5%の利回りが得れると言うだけの理由のような気がする。

 

出来れば実質利回りで6%は欲しいところで、

タイでは、この数字なかなか難しくなっている。

しかしこのまま下落すれば、6%以上も見込めるかもしれない。

購入済みのお客様には、コロナ禍にて、我慢を強いているが、夜明けは近い。

しかし、日本のほぼ機能していない銀行利息からしてみると5%でも万々歳なのだと思う。

 

 

今すぐにでも日本へ行ってセミナーをしたい物件も見つけたが、そうもいかないので、Web上で紹介できる形作りをしています。

後日紹介します。

 

不動産は安い時に買う、それが来はじめているのがタイです。根拠も書きます。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ