バンコク最一等地アソーク駅前の9月16日発表の物件

最寄駅:BTSアソークから2分(200メートル) MRTスクムウィットから1分(100メートル)
総戸数:217
築年月(完成予定):2020
価格 部屋数 面積 詳細
40階建て 790万~3000万バーツ 1ベッド 2ベッド 3ベッド 34㎡~138㎡ お問い合わせ
フォーム

この物件の

投資ポイント

バンコク最中心地アソーク駅前に9月16日発表のコンド

 

シラチャ情報はまだまだ続きますが、バンコクの最中心地と言えば、

アソーク、とシーロム。

旅行者もこのあたりを中心にホテルを取ることが多いと思います。

 

アソークにランドマークと言えば、アソーク駅直結のショッピングモール『ターミナル21』

その中には人気ホテルの『Grande Centre Point21』があり大いに人気がある。

 

日本でいえば、新宿、渋谷、梅田、難波駅前、名駅前に相当する。

 

その目の前に建つコンド。

CELES ASOKEが9月16日から発売される。

最早このあたりのコンドを建てられるような敷地はほぼ皆無なので、

希少感が高い。

BTS線路まですぐ

BTS線路まですぐ                目前にターミナル21

 

この先に歩いて15分程で、アソーク地区のもう一つのターミナル駅

エアポートリンク、国鉄マッカサン駅と、そのすぐ下に

地下鉄ペップリー駅があり、まもなく東京ドーム5個分の駅前開発が始まる。

会員様方には「開発が完成すれば、現在中心地のアソーク(光の地区)を

マッカサン駅があるアソーク(影の地区)が抜くだろうと話してきた」

 

しかし駅前となれば話は別。

ターミナル21目前となれば、もっと話は別。

と言ってもアソーク駅前であれば皆ターミナル21目前となるわけだが。

 

僕が初めて紹介する光の地区の予定だった

 

ここで言っておかなければならないのが、

この物件会員様方に紹介するのは極めて困難なのです。

 

タイの物件発売の際にはよくあることなのですが、

発表日まで詳細資料やパンフレットを配布してくれないのです。

 

大まかな数字だけをくれます。

平米単価23万バーツ~28万バーツ。

40階建て。面積34,7㎡~138㎡。総戸数217戸。

これだけで購入する日本人はいません。

 

実は昨日も販売提携会社であるタイ最大手のCBRE本社でミーティングしてきたのですが、

その際に詳細情報閲覧させていただきました。

パンフレットには当然詳細に情報は掲載されているが、その写真を撮ってもダメ。

頑丈に情報を封印されています。

 

どうやって皆様に紹介すればよいのだろう?

 

発売日の9月16日にはすべてくれるそうですが

発売日の16日に完売する可能性も高い。

それほどの立地と、アソーク周辺駅の駅前は、

プロンポン、プルンチット等ハイソ駅なのですが、

駅前は軒並み億ション建ち並ぶ地域で

今回の平米単価23万バーツから28万バーツは安い。

 

地下鉄(MRT)入り口はすぐ横で、上記写真のようにBTSアソークもすぐ目の前。

本物のバンコク一等地です。

地下鉄入り口が近いということは、バンコクに訪れたことがある男性陣が

必ず通り過ぎるであろう、ソイカウボーイの入り口も当然すぐそこです。

 

ソイカウボーイ

 

デヴェロッパーはLuckyLivingと言って大手ではありませんが

日本でもある地主系で、高級物件オンリーで

代表的には多分最も日本人が多く住むスクンビットソイ49の

入り口近くにあるLIV@49.

こちらも高級物件だ。家賃的にもバンコク日本人居住区高額帯となる。

 

あまりにも自分としては悲しい。

これだけ良い物件紹介できないというか、紹介できるけど

資料もない中で購入する方はいないだろう。

ましてやアソーク駅前だからこそ、高額地区だけど

おおいなる可能性を秘めているので、皆様に紹介しようと思っていた

 

その前に来る方にだけ紹介するしかない。

 

高級物件と言ってどれほどかというと、これも資料が少ないのですが

添付しておきます。

 

 

 

<この物件のお問い合わせはこちら>

ページの先頭へ