1ヵ月に1.2度はバンスー駅に行っている。

毎回顔が変わっているので楽しい。

 

最新画像はこんな感じ。

残念ながら、この画像だけでは、

超絶に広いこの地域を、平面的にしか見せられないので、感覚はわかりにくい。

駅の裏側は、ご存知の方も多いと思いますが、

観光で有名なウィークエンドマーケットや、

バンコク最大の南バスターミナル、

モーチットまで広がっている。

とてつもない広さだ。

 

そこには、バンスー駅同様に価格上昇が

見込まれる、モーチット駅や、

パホンヨーティン駅がある。

現在の駅前は、相も変わらず古きよきタイが

残っている。

タイ人はOLも老も若きもランチの多くは屋台。

駅前も、それら含めて長距離を旅する人々の

腹を充たしているのだが、

この光景もいつまでやら。

 

あまり古き良き。日本のように失わせることは

反対だ。

 ちょうどマレーシア方面より、

新型の寝台列車が来た。

この日は運悪く、そんなに電車が来るわけでもないのに、1番線から4番線まで行くまでの一つ一つの線路に、電車が入ってくる。

 

編成が長いので、なかなか渡れない。

渡れないというのは、

タイの国鉄は一般的に、ホームから線路に降りて線路上を歩き、またホームに上がるという手順。

 

一応陸橋もあるが、閉鎖されている。

 

カレーは飲み物。

線路は歩くもの。

それがタイ。

 

そうそう、昭和時代の春闘が待ち遠しかった。

京成線の線路を歩けるから。

回避となるとショックを受けていた。

 

次回は、工事中の駅構内に侵入してみようと思う。

多分誰にも咎められないだろう。

それがタイだから。

 

皆真面目にヘルメット被っているので、

そこは言われるかもしれない。

 

以前も、バンコク版六本木ヒルズの

ONE BANGKOKのレポートを書くために、

現地へ向かった際、日本人4名だった。

 

セキュリティで止められ目的を聞かれた。

上手くタイ語が伝わらない。

でもどうしても、中の画像が欲しい。

 

そうしたらセキュリティのほうから

「オーバヤシか?」

「そう、オーバヤシです」

事なきを得た。

それがタイだから。

 

勝手に大林組スタッフとなり、歓迎もされた。

 

さあ、このバンスー駅が大きく変わる。

バンコクの中心となる。

それは政府が言っている。

 

そして、国際都市となり、

3大空港となる、

ドンムアン→スワンナプーム→

ウタパオ(パタヤ)が高速鉄道にて、

1本で繋がる。

 

まだ、大きな値上がりはありません。

今がチャンスです。

見に来ればわかります。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ