午前10:00位のバンコク

スクンビット26の通りをバイクで走っていた。

行列を見かけた。

7~8人だろうか?

 

タイも10月12日より三連休となる。

その初日の12日のこと。

 

とうとう行列店になってしまったのか?

 

大してお客様が入っていない頃から、

二郎並の豚を求めて通っていたが、

最近の混雑状況とあまりに巨大化した豚で、

足が遠のいていた。

それでも月一程度かな?

 

これでまた、足が遠のくかもしれない。

 

先週そんなことも知らずに、

お店に入りつけ麺を頼んだ。

メニューの写真はチャーシュー2枚。

 

これなら苦しまずに済む。

 

普通のラーメンを頼むと、

デフォルトでこんなん来ますから。

もれなく、豚を移す用の小皿も来るので、

迷わず移す。

4枚中3枚移動。

 

これらは以前のレポートでも、

お見せしたが、あまりの豚の発達ぶりに、

今回はつけ麺。

 

さてさてやって来ましたつけ麺。

あれれ、豚でかいじゃん。

しかも、いつもと同じ4枚。

豚の下には、ネギとメンマが大量に。

 

店主は、僕がなにに見えるのだろうか?

なぜ僕には、暗黙に豚を付加すのだろうか?

たしかによく、

ラグビー体質ですかと言われるけど。

 

やっと気づいたけど、

デフォルトラーメンでも、

僕のは豚が多い。

 

確かに僕は、10年近く君の店に通っている。

移住前から通っている。

早いうちから顔見知りになった。

 

この豚を簡単にやっつけていた。

しかしその時の僕はもういない。

昔の胃袋は既にここにはない。

同年齢としては、今でもかなり食べるほうだ。

でも一つの大きさが、

小トンカツ、小トンテキ、

小ロース生姜焼き並の肉が4枚。

食べられるわけない。

 

話は変わるが、

ヒマラヤの袂のネパール、

カトマンズやポカラには、

有名ステーキ店が何件かある。

 

ネパールで有名ステーキ店。

あまり想像つかないかもしれないが、

トレッカー御用達なのだ。

 

ここに長く滞在した時、

僕もヒマラヤ山脈の

アンナプルナ山トレッキングで

数日間山に入り、

バックパッカーも山に入るやつは多かった。

 

山からおりると、無性に野生のごとく、

肉をむさぼりつきたくなる。

皆、山を降りてくると、

ステーキ行きましょうとなる。

 

そんな人用のために、約2人前のステーキも用意されている。

 

僕は山に入ったのは2度だけだが、

その時以外も2人前ぺろりだった。

多分、800g位。

なんてことないですね。

 

しかし、山をおりると野生の狼の如く、

肉をむさぼりつく。

 

山を降りてのステーキとヒマラヤビール

(いくつか種類あり)、格別に美味い。

ネパールビール結構うまい。

山を降りた直後は、これを1人でペロリ。

代表的ネパールビールの

ネパールアイスとエベレストビール。

 

バンコクデカ盛りラーメンのチャーシューも、

トレッキング後に食べれば、

難なくクリアなのだろうが、

バンコクには山がない。

 

タイ全体見渡しても、極めて少ない。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ