いざ唐揚げそばを食べて鹿島神宮へ

さて鹿島神宮に向かおう。

毎度常宿の南千住の友人宅を出て、

唐揚げそばで有名な弥生軒がオープンする

朝8:00過ぎに我孫子駅へつくように出かける。

 

通勤時間帯ではあるが、逆向き列車なので余裕で座れる。

16両編成の逆向かない列車は、

一睡の余地もないほどの混雑ぶり。

 

我孫子駅につき弥生軒はすぐ目の前に。

大きい鳥唐揚げとは聞いていたが、まさかこれ程とは、唐揚げ1個と2個バージョンがあるのだが、

1個にして正解。

1個でも、丼を覆い尽くすほどの量。

特に麺類の好き嫌いは、人それぞれだが、

再訪はないなと言うのが僕の感想。

 

隣の千葉県されど遠い。

10:39分に鹿島神宮に着いたが1本でも乗り逃すと

軽く1時間以上予定が狂ってしまう。

まだ、この時は足は順調そのもの。

鹿島神宮駅

カチャカチャ切符を着る音が鳴っていた改札口

懐かしい。

鹿島神宮表門

参道の真ん中は神様の通り道なので、

端を歩くというふうに、ネット検索では、たくさんの方が書いていたが、

堂々と真ん中を歩く方々多し。

表門では頭を下げ挨拶をし、

どこから来たかと名前を言うらしい。

折角来たからには、少しでもご利益にあやかりたく、真面目に取り組む。

確かにお辞儀をしている方々、多し。

でも、してない方も、多し。

 

以前、伊勢神宮で感じたような、

心が動くような雰囲気は感じることが出来なかった。自分に合うパワースポットであれば、

心がスーッとするような感覚になるらしいのだが、

それでも信じて歩く歩く。

一通り参拝を終わると、三大パワースポットの

息栖神社に向かうか、それを明日にして

銚子に向かうか。

 

お腹がすいたので、参道近辺の食堂に入ろうとするも、目指した蕎麦屋は目前で暖簾がしまわれ、

他もほとんど休み。

息栖、香取は明日にして、銚子に向かった。

色鮮やかな電車に乗り、こちらもガラガラ。

いつか行こうと思っていた銚子。

荒々しい波、まさに男の海だ。

犬吠埼灯台

つづく

バンコク不動産について

正直申し上げて、

投資という観点での新築物件には、

おすすめできるものが皆無です。

完成物件には、

とてもオススメできるものはあるのですが、

このまま、高額が続くのであれば、

商売上がったりです。

 

予測する、価格下落となり、

商売下がったりとしたいのですが。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ