美味いんだという思い込み

先日フィリピンに手不動産投資ガイドをなさってる知人と、

バンコクで日本食を楽しんだ。

彼もアジア各国を回っている。

ネパールで知り合い、たまたまお互い海外不動産の紹介をしているということで

意気投合した。

 

ネパールといえば、インドで疲れ切った体を休めるオアシス的存在。

ヒマラヤ山脈を見ているだけで、一日過ごせそうなは言い過ぎかもしれないが

心洗われる。

 

もう一つ意気投合したのは

美味いという思い込み。

 

バンコクでもそうなのだが、本当にうまいのかどうかわからない時に、

これは美味いんだと自分に言い聞かせようとする。

きっと、そうでないと切なくなるからだ。

それは日本に行けばわかることで、同レベル同価格であれば

やはり、日本のが美味いとうなってしまう。

 

その中でもいくつかは、これは美味いとうなるものがある。

 

スクンビット51トンローの和久(わきゅう)

最近この店の紹介をよくしているが、

まずこの店は日本人店主自ら店に立っているので、当初からかなり期待できた。

バンコクで日本人店主またはスープ作成者の従業員が自ら厨房にいるのは

極めて珍しいと思う。

まぜそば

濃い口しょうゆチャーシュー麺

2つの商品の紹介をしてきたが、

みそ好きではない僕は、1年通して1度くらいしか食べない。

 

日本でもみそラーメンやタンメンの人気のある専門店より、

この2種類は街中華の方が美味しい店があると思っている。

そこはラーメンの好みは人それぞれなので、

あくまで僕の好みとしてなのだが、

 

バンコクでみそといえば、専門店もあるが

自他ともに美味しいといわれる店は

トンロー18の北海道ラーメンゆうしだと思う。

 

しかし僕はゆうしにいくとドッキングしているのじやの

にぼ系を食べてしまう。

それこそみそを食べるのは年1程。

 

しかし和久のみそは一度しか食べていないが、

病みつきになった。これはうまい。

名古屋赤みそ系なので、しょっぱい中に深みがあるのかなと思ったら、

甘いのです。

コクも深みもあり、

運動後のビールの一口目のように、

一口目から一人でなければ「うめぇ」と言っていただろう。

 

この日は異様に空腹状態だったので

チャーシュー麺大盛、加えてライス

醤油を食べた時に、ライスに会う味と思っていた。

加えてハイボール。

普通の方なら腹十分を超えるだろうが、

僕にはんなてことのない量。

 

たまたまだが、僕のお客様方は大食いの阿多が多く、

日本に行っても助かる。たくさん食べたい僕に対して、たくさん食べる方ばかり。

先日もある集い終了後、門仲の弁慶ラーメンに行った。

 

弁慶といえば超ギタギタ。

たしかギタギタネーミングの発祥の店のはず。

若かりし僕もここの大盛を食べるのは苦労していた。

 

年のころ50代のお客様は、

チャーシュー麺大盛、加えてライス、加えてビールペロリ。

こんな方々と同行できるのは幸せだあ。

アソークコリアンタウンドンイ

 

この店も、今まで絶品カルビタンとカムジャタンを紹介したが、

数ある店の中で色々とまわってきたが、やはりここが最も美味しいと思う。

このスープ系3品はは出汁がしっかりしているということで、うまい。

 

韓国フリークであった僕は、韓国行くとカルグクス専門店を見つけて、

韓国人達がキムパプ(韓国海苔巻き)とセットで注文する姿おみて真似したところ、

これがとても合うということで病みつきになった。

 

韓国で実際に食べてきたよりも、エビ出汁が聞いていて

流石海老大国タイだと思えるほど、エビが聞いていて旨い。

 

コリアンタウンに行くときは一人昼飲みを楽しむのだが、

8種類の小皿(パンチャン)でチャミスルを楽しんでいたところ、

おせっかい気質の韓国人女性店主らしきかたが、

うどんを食べないのと催促してきた。

美味しくないのと聞かれマシッソヨーと答えた。

 

裏路地文化でコルモク文化(同じ小路に同じ料理屋が並ぶ)の韓国では、

調理に戸惑っていると、隣に座っている方が僕のテーブルに来て調理してくれることが

何度もあった。多分経験された方も多いはず。

バンコクでもそんなお節介文化があった。

【高崎セミナー開催】

高崎では、今ハマっている昭和大衆食堂を楽しみたい。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ