1月26日(土)高崎セミナー開催します

今回主催者の新潟大学性が造ってくれたテーマは、

預けているだけじゃ、もったいない

海外生活を経験したことがある彼だけに、外国人の投資活動も目で見てきた者の、

日本人の海外投資に対する知名度の低さに僕と同様の意見を持っていました。

欧米各国、アジア各国ではかなり以前より積極的に海外不動産投資が行われ、

タイでは相当利を上げてきたと思われます。

何といってもタイの不動産は下がらないという神話が実在します。

遅れてきた日本人の海外投資

タイと言ってもほとんどがバンコクですが、

下がらないというか、ほとんどんの物件が上昇していき、

中心地では一部屋利益が1000万円以上なんて珍しいことではありませんでした。

 

しかしそのバンコク中心地は短期投資のプリセールでの値上がりも、

現状厳しくなり、単純な意見としてタイ不動産投資はもう終わったなんて言う日本人も出てきましたが、

僕はその意見が出るのが嬉しいのです。

 

何故なら、有望地域、有望物件が今まさに大地に芽を出そうとしている所が

まだまだたくさんあるからです。

 

今後一部屋利益1000万円以上上げる可能性のある物件

一部屋1000万円以上の利益が普通に出ていた場所のほとんどは中心地域で、

バンコク全体から見れば、ほんの一握り。

1000万円以上の利益を出した地域、物件は発売からほぼ3~5年以内に上昇しました。

 

今後それと同じことが起こる可能性のある場所を、皆様にご紹介しているのですが、

その多くは視察ツアーに来た方のみに紹介しています。

視察ツアーに来られた方の多くは、現地を見るとほぼ100%近く納得されていると思います。

 

日本のマンデヴェの一部屋利益は?

日本で僕は新築分譲マンションに関わったことは、ほぼないのですが、

新築一戸建てやリノベーション物件には数多く関わってきました。

新奥国、中進国のリスク。タイはどうなの?

新築または、リノベーションマンションで一部屋利益500万円も取れれば御の字です。

一部屋利益1000万円ということは、日本の不動産ぎょすあyの一部屋当たりの利益2倍以上も取れるのです。

新興国、中進国だからこそできる部分です。

新興国、中進国だからのリスクは懸念しなければならないが、

その中で最も安全な国がタイであると判断しました。

その理由は?

 

いくつかの有望物件のうち、今回のセミナーでは4~5件細紹介いたします。

視察ツアーで現場を見ることが最もわかりやすいと思いますが、

なるべくその秘めたる可能性、爆発する可能性を、わかりやすく説明したいと思います。

高崎まで少し時間がかかる方も多いと思いますが

ぜひ足を運んでみてください。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 海外不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ



【9月9日開催】
FXのくりっく365様とのコラボセミナー@東京のご案内


<詳細はこちら>