シラチャPLUS

過去記事をご覧ください。

今僕がタイ全土で最も注目する2つのコンド

今僕がタイ全土で最も注目する2つのコンド①KEENシラチャ 利回り10%以上

共に価格1000万円前後、利回り10%以上が可能です。

年明けからの家賃収入は利回り10%以上見込めます

完成は今年12月末ですが、現状ほぼ完成しています。

中階層は1000万円以内もの価格も多く、これから大きく発展することを鑑みると

かなり安い設定と思います。

 

高級コンドとしての販売でしたがタイの場合、完成してみないと判断できないようなことが多く、

メニューの料理と量が違うのような、出来てみたらパンフレットと異なり安普請だなんてことがある。

目を疑う出来のこともありますが、

僕が目で見たものも、現地不動産業者も完成度が高いことに納得できるもので

ラグジュアリー物件ということで一安心です。

価格帯 250万バーツ(日本円約855万円)~

最多価格帯 300万バーツ前後(日本円約1026万円)

階数 25階建て 総戸数 476戸

ファシリティ等詳細は

日本語パンフレットよりご覧ください。

僕が今まで見た中で最もわかりやすいパンフレットとなっております。

 

以前不人気だったバンコクコンドが何故人気となったか?

僕はタイコンドの販売を始める前に、タイの日系不動産に入り、タイ不動産の商習慣を学んだ。

もう5,6年ほど前の話となる。正直とても勉強になった。

 

その時に、よく聞いた話が

「コンドミニアムなんか紹介しないほうが良い」

何故だろうか?

確かにその頃スクンビット通りを中心とした日本人居住区には、

これは素晴らしいと思えるコンドは少なかったかもしれない。

これは賃貸での話です。

 

ただそれが理由ではなく、

トラブルが多いバンコクのコンドは、オーナーも個人がほとんどなので

対処するにも連絡がつかない、放っておかれる等々の危惧があり、

必ず物件にいるトラブル対処役の管理室のエンジニアも約束の時間に来ない、

約束すら忘れているなんてざらだからだ。

 

因みに僕の場合は、自らエンジニアを見つけ、その場で部屋に連れてくる。

いくばくかのチップを渡せば、次回もすんなりと来てくれる。

もちろん素晴らしく速い対応をしてくれるオーナーもいる。

 

営業マンの中には一切コンドを紹介しない者もいた。
会社によってはコンドは紹介しないという企業もあった。

 

しかしその後流れが変わる。

その後続々と、ラグジュアリーコンドが完成してきた。

こんな物件に住みたいと思える物件が続々とできてきたのだ。

 

素晴らしい物件を業者側のトラブルを回避したいという都合でお客様に紹介しないわけはないということで、

僕は積極的にコンドミニアムを紹介した。

ここ5年以内でいえば、日本ではないような豪華コンドが出来、

日系不動産業者の流れは変わり現在では、ほとんどの業者がコンドを積極的に紹介している。

そして日系業者によっては遅い対応のエンジニアを待つのではなく、

自社内にエンジニアを配置して、トラブルがあればすぐに駆け付ける。

 

そのようにしてせっかくのタイ駐在期間日本にはないような豪華コンドに住みたい。

でもトラブルが不安という方々に対しサービスを向上させ、

賃貸コンド人気はより一層高まった。

 

シラチャコンドも同様になる予測

シラチャ日本人居住区においては、コンドミニアムは極端に少なく、

その中でも住みたいと思えるのは、僕自身はMarinaBayFrontしかない。

このMarinaですら、バンコクのコンドの中では、中の中あたりとなるのだろうか?

それでもシラチャでは一番と言われている。

タイのラグジュアリー物件で中の中あたりであれば、十分すぎる暮らしとなる装備がなされている、

逆に上の中、上の上ともなれば価格が高すぎて家賃が追い付かず、

日本の駐在員レベルの家賃では予算が届かない場合がほとんどなので、

こんな高レベルでなければ、中の中で十分に心満たされると思います。

 

では、シラチャPLUSがどのレベルになるかというと、

シラチャでは高レベル、バンコクでは中の中でしょう。

 

この他にシラチャコンドの中には立地抜群の2件がある。

AeonTown内にあるTheSKY。

この物件はとてもおススメなのだが、結構安普請感がある。

とはいえこの物件は、すぐに家賃収入化でき、貸出後成約までも早い期間で成就できると思うので、

やはりおススメです。

フジスーパーのないシラチャでAEONが目の前にあるのは大きい。

因みに分譲主はKEENと同じGOLDSHINEです。

もひとつ因みに僕のおススメ2件同様1000万円から10%利回りが可能レベルの物件です。

 

Ladda Condo View

僕のような厳選を重ねてしまうと外れてしまうのだが、立地はロビンソン前とも引けを取らない中心地。

日系飲食を鑑みれば、このあたりがもっと集約されている。

しかし厳選してしまうと決して地区も古いわけではないのだが、

安普請&トラブル多いで自信を持ってお勧めできない部分がある。

 

折角の中心地なのにその分、家賃も割安。

と、このようにまだまだ有力コンドといえる物件が少ない。

 

まだまだこれといったコンドが少ないシラチャ。

上記コンド以外にもあることはあるが、古い。よりトラブルを抱える。

優秀なコンドができることで、バンコク同様その流れは必ず変わる。

シラチャPLUSの魅力

シラチャPLUSは数少ない中でも数少ない高級コンド

PLUSの想定家賃が25000バーツから30000バーツがスタンダードのなると思うが、

高層で内装を素敵にすれば35000バーツ。

この内容でバンコクであれば5000バーツ以上は高くなるだろう。

 

家賃予算もシラチャはバンコクに比べて低くなるので、

25000、30000バーツでラグジュアリー物件に住めるのは

駐在員にとって願った条件で、トラブル回避のため管理事務所と共に

居住者をサポートする不動産会社が1階貸店舗に入り、

コンドではありえない朝食もカバーした日系レストランも入る(予定)

 

これは、単身者の多いシラチャ駐在員には嬉しくないわけがない。

駅や買い物も、シャトルバスがあるので、バンコク同様、これがあるとないとで人気はわかれることになる。

 

シラチャPLUSがおススメの理由

①特にこのコンドはロビンソンが目の前というわけでもなく、ほどほど近い。

AEONタウンまでは歩いて数分。

現状では駅に最も近いコンド。

そのシラチャ駅が大開発され、駅前ショッピングモールやオフィスビルが建設される。

 

すでに駅前にはモールとタイ版新幹線の駅となる敷地が整地されている。

 

最早、阪急電鉄が昭和初期に世界で初めて駅とショッピングを直結したモデルとなる、

阪急デパート状態と言ってもよいだろう。

バンコクもタイ自体も鉄道路線が少ない=駅が少ない理由で、

いまでも駅直結ショッピングという図式は少ないのだ。

しかしそれは最近ではオンヌット駅前のセンチュリープラザや

プラカノン駅前も規模は大きくないがレストランモール(名前忘れ)が出来、

サムヤーン駅前のミットタウンはまもなくOPENと

駅前に続々と駅利用、買い物、オフィス一体傾向に変化してきている。

 

東京駅となるバンスー駅も同様だが、このシラチャ駅もローカルの上に

ドをいくつも付けてもよいような状態。

これが超近代的に変化していくことは、想像つき難いことだと思う。

かなり途中ですが、時間切れとなってしまい次回に続きます。

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 海外不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ



【9月9日開催】
FXのくりっく365様とのコラボセミナー@東京のご案内


<詳細はこちら>