とても厳しくなっているタイ銀行口座開設と

物件のご案内について説明いたします。

 

扱っているものはタイ不動産視察だけではなく、

売買のみですがコンドミニアムプリセール、新築物件から中古物件、

土地購入、アパート1棟購入まで幅広く扱っています。用途に合わせてご案内いたします。

 

但し、タイにて外国人が土地を購入することはできませんので、

会社作成が必要です。

会社開設についてもご指南いたします。

 

※タイの場合アパートは日本でいう賃貸マンションを意味します。

コンドミニアムは分譲マンションを意味します。

 

案内までの流れ 

お問い合わせ

物件リスト作成

ご案内

 

用途は不動産投資、賃貸オーナー、自家用、移住等。

 

賃貸客付けについて

賃貸物件は取り扱っていませんので、提携日系不動産会社に客付け依頼をします。

物件内容、契約内容の日系不動産会社とのやり取りは、全て代行致しますので、

貸すことについてのわずらわしさはありません。

 

 

口座開設について

①不動産契約した場合

クルンシリ銀行

②不動産契約なき場合

バンコク銀行。

 

以前はパスポートさえあれば簡単に銀行口座は作成できたのですが、

マネーロンダリング等の理由でワークパーミット(労働許可証)がなければ

簡単に作成できなくなりました。

 

ころころと規定の変わる国ですので、上記2銀行もいつまで作成できるのか

不安な部分もありますので、早いうちに作成した方が無難かと思います。

 

2銀行ともできる店舗は1店舗ずつで、どこの支店でもできるわけではありません。

支店裁量が強いので、この2店舗だけは今でも作成できますが、

僕ができる店舗はバンコクでこの2店舗、シラチャ、パタヤに1店舗ずつの

計4店舗しかありません。

 

 

それだけ難しくなっているということです。

 

ただ不動産相談だけではなく、会社作成、1棟買い、

タイの競売システムについてや、移住相談、会社作成等。

まずはご相談ください。

 

ご相談はこちらより

お問い合わせフォーム

 

ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 その他生活ブログ 海外不動産投資へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外滞在・海外プチ滞在へ



【9月9日開催】
FXのくりっく365様とのコラボセミナー@東京のご案内


<詳細はこちら>